ノルディック・フィットネスウォーキングとは?
クロスカントリースキーの選手たちが、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして行なっていた「スキーウォーク」を、ポールを使った簡単な歩行運動として紹介されたのが「ノルディックウォーキング」。フィンランドでの発表後、たちまち誰でもできる運動として広まり、現在ではドイツ、オーストリアなどヨーロッパを中心に人気が高まっています。季節を問わず誰でも簡単に始められ、しかも5分~10分の運動でエクササイズ効果を実感。専用のポールを使用するウォーキングは、効果的な“有酸素運動”として、下半身だけでなく腕、上半身の筋肉などの全身を使うエクササイズになります。

どんなスポーツ?
ノルディック・フィットネスウォーキングは身体全体を使う耐久力を要するスポーツです。このウォーキング用に開発されたノルディック用ポールはウォーキングをより効果的にします。また、エアロビック運動(有酸素運動)で脂肪を燃焼させ、ダイエットや肥満の予防になります。

エクササイズ効果は?
このウォーキングポールを使って集中的なパワートレーニングを体験できます。ウォーキング自体は下半身のエクササイズですが、ポールを使ったウォーキングは、腕、上半身の筋肉を使う全身運動になります。

どうやってノルディック・フィットネスウォーキング?
動作はクロスカントリーの要領です。対角線ステップ。左足/右腕、右足/左腕。

歩幅と動作?
通常の歩幅より少し大きくステップするよう心掛けてください。胸の高さ位まで腕を大きく振ることにより、自然に歩幅が広くなります。ポールは踏み出す爪先ではなく、踵付近を突くようにして、上半身とのリズムでポールをできるだけ後方へ押しやるようにして下さい。この動作を繰り返すようにしてください。

ノルディック・フィットネスウォーキングの利点
通常のウォーキングと比較すると、ノルディック・フィットネスウォーキングは上半身を含むエクササイズになりますので約40~50%増しのエクササイズ効果があります。
ノルデイック・フィットネスウォーキングは脊髄にかかる負担を軽減させます。実験から、ポールを使用すると膝の関節や脊髄にかかる負担を約5kg/歩軽減するという結果が出ました。また目線をまっすぐ、背筋を伸ばし正しい歩行姿勢をした場合は約8kg/歩までの負担を軽減するという結果が出ました。
足首、ヒザ、腰、筋肉、アキレス腱にかかる負担を軽減させます。
ポールを持つことにより、歩行姿勢が正され、呼吸を整えます。
ポールはとても機能的(ストレッチの際に、サイズ調節、短くして収納)です。(長さ固定のモデルもあります)
血液循環を活発にさせる為にもパーフェクトなトレーニングです。
リハビリをしている方には、簡単でしかもパーフェクトなエクササイズです。
街中でも、どこでも、いつでも出来るエクササイズです。
クロスカントリーのトレーニングや日頃のウォーキングとして。
腕を振る技術をサポートします。
全身を使います。

ノルディック・フィットネスウォーキングの役割と効果
バランス感覚が落ちている方(特に年配の方)にとって、ポールはバランス維持をサポートし、転び難くします。
ウォーキング時の足首、ヒップ、膝、関節への負担が軽減されますので、関節やヒップ部分の手術後のリハビリに適しています。
ノルディック・フィットネスウォーキングの動作は、基本的に腕、肩、脊髄に適当な緊張を与えるので、運動効果があります。
下半身への負担が軽減されますので、長い距離を歩けるようになります。
全身運動ですのでカロリー消費量が通常のウォーキングより平均20%効果的になります。
心肺機能の強化や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の予防になります。

フィットネスや健康ライフ、無理のないスポーツとして最適。
ノルディック・フィットネス・ウォーキングは次のような方々、グループに最適です。
何かスポーツを‥‥という方に
無理なく始められ、高脂血症や高血圧で過度の運動ができない方に。効果的な全身運動は医学会でも注目されています。
運動不足のお子様たちに
ストレス・偏食などで太り気味の子供たちも、友達や家族といっしょに楽しくスポーツできます。
効率のよい運動効果をもとめる方に
効果的な有酸素運動としてトレーニングメニューに。通常のウォーキングよりも30~40%も高いカロリー燃焼率が実証されています。
シニアスポーツを考えている方に
運動の負担をコントロールし、年齢の異なる方、運動不足の方などがいるグループでも同じ歩調でウォーキング。健康的なライフスタイルを保つスポーツです。
ランナーの方に
背中、首、上半身を鍛えるだけでなく、姿勢の矯正、腕の振りにも効果的。ランナーズニーの予防、レース以降の調整にも適しています。
スクールスポーツとして
運動能力に左右されず、協調性を学ぶグループ活動には最適。林間学校など野外活動で行える楽しいスポーツです。
体重が気になる方に
メタボリックシンドロームにも最適。場所や時間、季節を問わずにウェイト・コントロールを始められます。
フィットネススポーツとして
関節やヒザに負担をかけずに、エアロビ効果によるスタミナアップと同時に筋肉のバランスも調整します。
企業の福利厚生のひとつとして
施設などの契約もなく、ポールさえあれば社員の方々のストレス解消に。会社の負担も最小限ですみます。

ノルディック・フィットネス・ウォーキングの利点と効果
90%の筋肉を使う全身運動。
カラダ全体の90%の筋肉を動かし、1時間あたり約400kcal(通常のウォーキング/280kcal)を燃焼する全身運動です。
膝の関節、脊髄への負担を軽減
ポール使用での膝の関節・脊髄への負担を約5kg/歩軽減。正しい歩行姿勢の場合は約8kg/歩までの負担を軽減します。
長時間の歩行もラクラク
足首、膝、腰、アキレス腱など下半身にかかる負担を軽減し、長い距離の歩行が可能になります。
正しい歩行姿勢に
ポールを持って歩くことにより、歩行姿勢が正され、呼吸を整えます。
手術後のリハビリに効果的
ウォーキング時の負担が軽いため関節やヒップ部分の手術後、また一般的なリハビリにも効果的なエクササイズになります。
年配の方々にもおすすめ
ポールがバランス維持をサポートし、転びにくい歩行へ。姿勢や呼吸も整えられ、血液循環システムを活発にします。
腰痛防止にも効果を発揮
オフィスワークの多い方の腰痛防止に、街中でも、いつでもどこでもできるエクササイズとして最適です。
新しい理想的なスポーツへ
ジョギングや普通のウォーキングでは‥‥と考えている方々に、ノルディック・フィットネスウォーキングは理想的なスポーツです。
有酸素運動で健康管理
健康的なライフワークを過ごすには心臓予備力を付ける事が大切です。疲労感を残さず運動効果を上げるには「有酸素運動」のレベルで運動するのが一番です。自分の最大心拍数から割り出した目標心拍数で効率の良い運動を楽しみましよう。
男性の目標心拍数=(220-自分の年齢)×運動強度(60~75%)
女性の目標心拍数=(226-自分の年齢)×運動強度(60~75%)
一般的な30歳の男性であれば最大心拍数は190拍/分です。上の計算式から有酸素運動レベルは114~143拍/分となりますので、このレベルを維持しながら運動を実施することが疲れにくい運動効果の高い心拍数といえます。最初は話しができるスピードからスタートし、除々に目標のレベルに近付けます。あくまで、無理しないでください。体の調子の悪い時には休養を取りましょう。

用具紹介、選び方
ノルディックフィットネスウォーキングには専用のポールがあります。一般的なストックなどでは後方へ漕ぎ出した時に、手からポールが離れてしまうため向きません。
ポールはエクササイズ量を変えることができる長さ調整式がオススメです。短く収納可能なトラベルモデルなどもあります。
 
●ポール
●アクセサリー
NWサイレントスパイクパッド(1300111)
2,000円(税別)(1個)
アスファルトでも土でも使用できる新システムラバー
NWインドアラバーチップ(1300113)
1,000円(税別)(1個)
室内用ラバーチップ
NWパワーグリップパッド(1300112)
900円(税別)(1個)
溝を深くしグリップ力を強化
ヒップバッグ(1300072)
5,300円(税別)
カラー:グレー(100)、レッド(220)
ラバーチップポケット、ボトルホルダー、小物の収納スペースを確保
ポール
書籍
ノルディックウォーキング Starting book
(DVD+BOOK)

1,995円(税込)
書籍80ページ・DVD32分

サイズ選び、調整
ノルディックウォーキング用のポールの長さは、身長×0.68が目安です。ポールの先を地面に垂直に立て、ノルディックウォーカーの肘がおおよそ90度になります。初心者はストラップの付け根がおへその位置になるように合わせます。
適切なポールの長さを決定する際に考慮されるのは、身長のみではありません。その他の重要な要素として、個人の運動能力、柔軟性、腕の長さ、ウォーキングスピード、長期的な目的、ノルディックウォーキングを行う地形などが上げられます。

Best View with 1280 screen and IE8.0
Copyright (C) kasukawa sports Co.ltd All Rights Reserved